スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Zoff SMARTにZoff PCをつけてみた

Zoff SMART+Zoff PC

最近問題というか話題になっているのがパソコンやスマホの青色光。
それをカットするレンズ、ブルーカットレンズを入れたメガネ商戦が激しさを増しています。

このことによる目への負担がどうのとか、網膜傷害がどうのとかは正直全く分かりません。
ただ、パソコンモニターへサングラスやスモークフィルターなどを通すと画面の背景の白の発色の眩しさが軽減するのは事実です。

モニターの輝度を暗く調整している方もたくさんいるかと思います。
ブルーカットレンズのクリアもあるのですが、それでは見え方が同じなので、いくら数値上カットされているとはいえ自分はカラーレンズがいいかなと思いました。

店舗へ出向いてみると、若干のデザインの違いはあるものの、フレームの種類が少ない印象です。
仕事専用にするつもりだったので、安く欲しいしどれでもいいかなと思ったのですが、ちょっと実用に不向きなものもたくさんありました。
現在では激安でメガネが作れるお店が沢山ありますが、安いなりにも要点は抑えておきたいところです。

Zoff SMART+Zoff PC3

まず、鼻あてのところ。
ここがプラスチック素材のフレーム一体型で、調整が出来ないものは避けた方がいいと思うんです。
微調整が出来て当たり前で、滑り止めの意味もあります。一体型はかなり滑るものが多いです。
滑ると、下にさがり鼻の両脇の骨のところが擦れます。そうするとそこの部分だけに負担がかかり赤くなったり傷になります。

Zoff SMART+Zoff PC4

もう一つがここ、テンプルエンド。
ここもプラスチック一体型だと滑るものが多く、実際に使っているとズレてきます。
そうなれば顔に合わないメガネになってしまいます。
出来れば滑り止め加工がしてあるものが良いですね。

しかしそうこう考えていると、必然的に選択肢がなくなるんですよ。
激安ならではの落とし穴フレームも多く、合わなくて結局数本買うことになるんじゃもともこもないです。

説明4

説明2
説明3

そして選んだのが、お店の中で最も高いこのZoff SMART。っていっても9450円ですけど。
航空・宇宙機の部品などに使われる特殊プラスチックULTEMの使用で重さ9.4g。
フレームに関してはこんな感じで自在に曲がり、万が一壊れても無償交換の保証が1年ついてきます。
お試しなのであわよくば5250円でフレームをと思ってましたが、世の中そんな上手くはいきませんでした。

Zoff SMART+Zoff PC2

説明

内側にある色々な記号とその説明。
かけていると誰にも見えないところです。

実際使用してみると、かなりしっくりきますね。
鼻あてのシリコンのタッチが優しく、テンプルエンドもピタっと止まっています。

Zoff SMART+Zoff PC5

見え方もこのように白色の眩しさが軽減されていますので、とても満足です。
パチンコやパチスロ用にしても悪くないと思いますよ。

購入時期:2012年7月
スポンサーサイト

テーマ : メガネ・サングラス
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あずさ

Author:あずさ

最新情報
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QR
ワイルドだろぉ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。