スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EIZOガレリア銀座へ発売直前の「FORIS FS2333」を見に行ってきました

外観

こちらはEIZOガレリア銀座ショールーム。

外観2

銀座東3丁目交差点近くの昭和通り沿いにあります。

内部

目に優しいと評判だったナナオのFS2332。
その後継となるFS2333が2012年6月14日に発表されました。
発売は同年7月13日の予定。価格は39800円。
現在はショールームでしか見ることが出来ないようです。
なんでもこのモニター。プロゲームチーム「Fnatic」と共同開発したとか。
ちょっとあまり存じ上げないのでその凄さは分かりませんが、ネトゲ麻雀でも超見える!勝てる!になるんでしょうか^^

内部2

無論そんなことじゃないようです。
解像度は1920×1080のフルHDワイド。応答速度は中間調で3.4ms。パネルはサムスン製のIPSでしょうか?
最大の特徴は「Smart Insight」という機能。
これは、自分の見やすい明るさを6段階であらかじめ決めておき、それよりも明るさが上下した際に発動するらしい。
カタログ上では、暗い物陰にいる敵を認識し、ピクセルごとに補正。
輪郭をハッキリさせて表示することで、超見えるを実現しているとか。
簡単に言うと、人の目で見づらいと感じるところを見やすくしてくれるみたい。
ということで、敵を発見し撃退するまでに要する時間も大幅に短縮され、先手必勝ということだそうです。

ゲーマーでもない私がなぜこんなことを書いているのかと申しますと。
自宅で日立製のS-IPSパネルを搭載したスクエアモニターを長年使っているのですが、そろそろ買い替えもと思い始めてきました。
そこで、量販されている中から1つ選ぼうかなという思いが高まってきたので調べています。
いざ色々と実物を見に行ってみると、なかなかいい感じのものがないんですよ。
もちろん数十万円も出す気なんかありませんし、時代の波に乗ってみようかな~くらいにしか思っていません。

おもちゃってこうやって探したり、調べたりしているときが一番楽しいんですよね。
そしてその中で見つけたFS2333とその前のFS2332は、売り文句とは全く関係ないのですがテキストの文字が見やすかったんです。

目に優しいものが欲しい。安価なものが欲しい。
文字が見づらいものは出来れば避けたい。

その店頭で並んでいるもののほとんどは動画を流しており、グレア(光沢)かノングレア(非光沢)かくらいの違いしか分かりませんでした。
明るさは全機種ほぼMAXだったところが多いかな。う~ん、じゃどうするの?
と、そう思っていたところ、秋葉原のツクモDOS/Vパソコン館では用途ごとの表示をモニター内に(写真、動画、デスクトップ、テキストなどの3~4画面を)同時に見れるようにしてありました。
そこで機種ごとに見比べを行い、輝度調整をしていくと1つ分かったことが。
それは、輝度がある程度までしか下がらない=明るすぎる設定しか出来ない機種が多々あることが判明。これは意外な盲点でした。
もしくは、下がるけども全く見えなくなってくる。まあ暗くなっていけば当然ですが、これはパネルの種類により明るくないと性能を発揮出来ないものがあるということです。
ですから、よく調整しても眩しいとか明るいとかの口コミを見かけますが、これはやはり目に負担がかかるということになるのではないのかなと思います。
もちろん動画や写真を綺麗にということには適していそうですが、私のような文字主体だと厳しそうです。

FS2332も置いてあったので、同じく輝度調整を行ったところかなり暗くすることが出来ました。
その上なんと、白に黒の文字がクッキリ残ってたんです。
他メーカーの上位機種でも、暗くしていってもある程度文字が見やすいものもあったのですが、若干見づらい傾向は出てきます。
しかしこちらはそういうことがなかったです。長時間使用している訳ではないですから、そのときの一瞬の主観なんですけどね。

パンフレット

今や23インチワイドのIPSパネルモニターも1万5千円程度で買える時代です。
しかし最新のFS2333は定価で4万円。ネット通販などでは先行予約受付で36000円前後。
廉価版のモニターが2枚買える値段ですから決して安いとは言えませんが、触ったら普通に納得してしまいました。
発売後にFS2332の値崩れを期待するのもありかと思います。
この記事の掲載時点でのFS2332の最安値はすでに26000円でした。これは買いでしょうか?
ですが、今回最新のFS2333の新たな機能よりも気になることが。
それは3年保証から5年保証(30000時間まで)に変わったこと。これはかなり嬉しいですね。

パンフレット2

現在のモニターの売れ行きなどは、ゲームや動画主体だと思いますので、それに応じた口コミしかありません。
業務用などは口コミがされにくいですし決して安価ではないものが多い。
文字主体の作業で、長時間目を酷使されている方は口コミに左右されずに店頭で同じ状況を作り、自分に合ったものを見つけましょう。
もちろん医療用などの高いモニターを使うという選択肢もありますが、その場合でも必ずショールームなどで実機を確認してください。

私が実際にモニターを買い換えるかどうかですが…
自宅に戻って日立のモニターを見ると、最新のものと比べ劣らず文字が見やすい。
まだまだ若い者には負けないだろぉ?と言われているような気がしてなりませんでした。
やっぱ凄いんだなあ、日立の技術。って思っています。
さて、どうしましょうか^^

訪問時期:2012年6月

住所:東京都中央区銀座3-10-6 マルイト銀座第3ビル1F
電話番号:03-3547-7718
営業時間:10:00-18:30
定休日:日曜日、月曜日、祝日


大きな地図で見る
スポンサーサイト

テーマ : 液晶
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あずさ

Author:あずさ

最新情報
カテゴリ
最新コメント
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
QRコード
QR
ワイルドだろぉ~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。